【ダイエット】痩せる・若返り出来る理想の食事

皆さんこんばんは。ゆうたです。

これまでの記事でコンニャク、キノコ、海藻類が痩せる+若返りに効果的な食べ物だと

お伝えしました。

しかしこれらばかり食べてもダイエットには成功出来ないのです。

それは何故か?すぐに食べ飽きてしまい、それがストレスに繋がるのです。

人によって様々な理由が考えられますが、イヤイヤ食べるのはダイエットの天敵です。

ストレスを感じてしまうと必ず反動が起きます。

好きな物を食べてストレスを解消しようとするからです。

コンニャク、きのこ、海藻類は栄養バランスを考えると、健康的な食品です。

どれもほとんどカロリーがないのが共通した特徴です。

食物繊維の働きは?

食物繊維には、水に溶ける「水溶性食物繊維」と水に溶けない「不溶性食物繊維」の2種類があります。

どちらも便秘解消に役立ちます。

コンニャクはボリュームがたっぷりですが、約97%が水分です。コンニャクに含まれる食物繊維である「コンニャクマンナン」は水溶性食物繊維です。

これが、糖質や脂質の吸収を抑制する作用を持ちます。

きのこ類は不溶性食物繊維が豊富で、噛む回数を増やして満腹感を引き出す働きがあります。

また消化が悪いので、満腹感が持続しやすい特徴があります。

腸の善玉菌を増やして腸内環境を整える効果があります。

海藻類は水溶性食物繊維が豊富です。腸内で栄養素の吸収をゆっくりにします。

炭水化物を消化するために分解されたブドウ糖の吸収もゆるやかなので、満腹感が長持ち

します。

また、海藻類は血糖値の上昇を防ぎ、糖尿病の予防に役立ちます。

余分なコレステロールの吸収を抑え、脂質異常症を予防し、さらには食塩のナトリウムを

対外に排泄し、血圧を下げて高血圧を防ぐ働きもあります。

カロリーコントロールにだけ囚われて食べるのはNG

とはいえ、コンニャク、キノコ、海藻類をカロリーコントロールにだけ囚われて食べるのは

NGです。

本来、これらの食品の良さはほとんどカロリーがない事と食物繊維が豊富な事です。

カロリーが少量であれば量をたっぷり食べる事が出来ます。

そのメリットを踏まえて、他の食品に置き換える事も考えましょう。

他の食品に置き換えるには、「水溶性食物繊維」、「不溶性食物繊維」が豊富な食品を食べれば良いのです。

おすすめの食品はモロヘイヤ、ゴボウ、ブロッコリー、かぼちゃ、納豆、フランスパン、ライ麦パン、スパゲッティ、干しそば、玄米です。

この中でもモロヘイヤ、ブロッコリー、かぼちゃは緑黄色野菜です。

ベータカロテンが豊富な緑黄色野菜は、肌や髪をつややかにする美容商品です。

フランスパン、ライ麦パン、スパゲッティ、干しそば、玄米は主食になります。

主食は毎日食べるものなので、効率良く食物繊維を摂る事が出来ます。

納豆に含まれるナットウキナーゼという酵素はビタミンB2を増やします。

ビタミンB2は体脂肪を分解してくれるので、ダイエットにい効果ありです。

まとめ

カロリーコントロールの為に、いやいや食べないのが無駄な食欲を消すコツです。

同じ物を食べて飽きてきたら、他の食品に置き換える事も考えてみましょう。

それでは。ここまで記事を読んで頂きありがとうございました。

関連記事

ブログ編

【必見】ブログ 始め方 おすすめ

投資編

3000円投資生活 やってみた

ダイエット編

ダイエット中にシメにラーメンを食べても太らない方法

【必見】糖質制限は果たして健康に効果があるのか?について考察した

トップへ戻る