【コロナウィルス】新型肺炎死者26人に。関連銘柄は?投資チャンスか?

中国の湖北省で発生した新型コロナウィルスで中国国内で死者や感染者が出ています。私が感染症にかかったのは、一時期流行りの豚インフルで3日間ほど熱が出ましたが、無事でした。

あの時もそうでしたが、感染症のニュースが流れると、我先にとマスクを購入する人が多かったですし、周りはみんなマスク着用していました。感染症のニュースが流れた時に値上がりする銘柄は?投資チャンスはあるのか?についてお伝えします。

記事抜粋

中国政府は24日、湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる国内の肺炎の死者数が25人、感染者は830人になったと発表した。これに加え中国国営メディアは黒竜江省でも1人の死者が出たと伝えており、死亡者は計26人となった。

中国では同日、春節(旧正月)の大型連休が始まった。中国当局は観光地を閉鎖するなど厳戒態勢を敷くが、延べ30億人に達する帰省などの大移動の中での拡大阻止は難しそうだ。

死者のうち24人は新型肺炎の発生源とみられる湖北省の感染者で、残りの2人は河北省と黒竜江省の感染者。患者が確認された地域も中国大陸の31の省・自治区・直轄市のうち、大半の29まで広がった。日本や米国、東南アジアでも確認されており、春節の移動に伴って感染が広がる恐れもある。

北京国際空港は早朝からチェックインカウンター前でマスクを着用した旅行客が長蛇の列を作った。出国審査前にある旅行客の体温検査の体制も強化された。

多くの高速鉄道が発着する上海虹橋駅では帰省や旅行に向かう人々で混雑し、大半の旅客がマスクを着用していた。駅構内の電光掲示板では手洗いやマスクの正確な着用を呼びかける映像が繰り返し放送され、武漢出身者に駅職員への申告を求めるアナウンスもあった。

値上がりが期待出来る銘柄

川本産業

「川本産業」の画像検索結果"

こちらが川本産業のホームページです。

https://www.kawamoto-sangyo.co.jp/products_cat/consumer/

事業内容はサージカルマスクや絆創膏、口腔ケア、ガーゼなどを販売しています。感染症に対する衛生商品の販売増加が期待され、株価が3倍の1300円でストップ高を記録しています。

  • 株価チャート

現在の株価は1391円です。中国の新型肺炎のニュースが出て、500円から数日かけてストップ高です。

  • 業績

こちらが川本産業の業績です。19年3月期の決算では235億円の売上高です。営業利益は3100万円です。2020年3月期のコンセンサスでは営業利益は10倍の3億1000万円を見込んでいます。

  • 財務指標

こちらが財務指標です。

自己資本比率は26.3%と合格ラインです。有利子負債が総資産の半分を占めています。

ROEは1.9%、ROAは0.5%と収益性は悪いです。

KMB

キンバリー・クラーク(Kimberly-Clark Corporation)は天然または合成繊維から作成される製品の製造・市販に従事する。

同社はパーソナルケア、コンシューマ・ティッシュ、K-Cプロフェッショナルと企業・そのほかを通じて運営する。パーソナルケア事業は使い捨ておむつ、トレーニングおよびユースパンツ、マスク等を提供している。

  • 株価チャート

現在の株価は1391円です。

  • 業績

業績はこちらです。売上高は184億ドル、営業利益は29億ドルです。営業利益は15.9%と高水準です。純利益も順調に増加しています。PERは22倍です。配当も増配しています。

  • 損益計算書

こちらが損益計算書です。現金が9億円→6億円に減少しています。流動資産+固定資産を合わせるとは120億円です。

  • 賃借対照表

こちらの賃借対照表から流動比率を求めることが出来ます。流動比率は流動資産/流動負債なので、50億5700万ドル/69億6900万ドル=0.72なので、流動比率の水準の1.2を下回っており、資金繰りに逼迫していることが読み取れます。

  • 資本の部

自己資本比率が4年連続でマイナスです。これは、自己資本自体がマイナスの金額になっている時、つまり債務超過に陥っている時に起こる現象です。

債務超過の多くは、赤字が続いた結果引き起こされます。そのため、マイナスの自己資本比率は、経営に赤信号が灯っている状態を表します。

  • キャッシュフロー

営業C/Fは2016~2019年で減少しています。現金同等物も減少を続けています。これが意味するのは、経営が上手くいっておらず、投資C/F、財務C/Fにお金を回すが上手く営業利益に転嫁出来ていないということです。

JNJ

  • 株価チャート

現在の株価は148.3ドルです。

  • 業績

こちらが業績を示しています。売上高は820億ドル、営業利益は173億ドルです。純利益は151億ドルです。純利益は順調に伸びています。PERは26倍と割高の水準に近づいています。

  • 損益計算書

損益計算書を見ました。営業利益は20%前後で推移しています。アメリカ株なので配当は増配しています。EPSも伸びており良い傾向です。

売上原価が274億ドルで毎年増加しており、売上に比例して増加しています。研究開発費が113億ドルと売上の15%ほどを占めており、毎年増加しています。原価の低減や研究開発費を低減出来るとより高収益になりますね。

  • 賃借対照表

賃借対照表を見てみました。現金は71億ドルから33億ドルと減少しています。流動資産は460億ドル、流動負債は312億ドルです。流動比率は460/312=1.47と1.2を超えているので債務超過ではありません。

  • 資本の部

自己資本比率は26%と低い水準です。利益剰余金は毎年増加しています。発行済株式は毎年26億ドル〜27億ドルであることから、ここ3年間では資金繰りに困り増資はしていません。

  • キャッシュフロー

営業C/Fは毎年プラスに推移しています。投資C/F、財務C/Fがマイナスです。営業C/Fの範囲内でほぼやり繰り出来ています。

まとめ

  • 世界の人口は増加を続けている以上、ヘルスケア関連の銘柄は投資価値あり。
  • 川本産業のような値上がりは一過性にすぎない。株価が上がっている時に乗ってしまうと高値掴みしてしまう。上昇トレンドに乗れなかった場合は、静観するのがおすすめ
  • 川本産業は営業利益率が低く、長期投資には不向き
  • KMBは債務超過の傾向あり。投資しないほうが良い。投資するならJNJの方が安全

トップへ戻る