【電気自動車】米テスラの時価総額、VW上回り自動車で世界2位に

自動運転機能のついた電気自動車として。日本でも有名になってきたテスラですが、時価総額がなんと世界第二位になったそうです。現在のテスラの株価はいくらなのか?投資妙味はあるのか?当記事で解説します。

記事抜粋

米電気自動車(EV)メーカー、テスラの時価総額が22日、独フォルクスワーゲン(VW)を超え自動車メーカーでトヨタ自動車に次ぐ世界2位になった。2019年末に世界最大のEV市場である中国で主力小型車「モデル3」の生産が始まり、成長が加速するとの期待が高まっている。

欧州でも21年に新工場の稼働を計画しており、株価は2019年10月以降、2倍に上昇している。アナリストらによる事前の赤字予想を覆して3四半期ぶりの黒字転換を果たした19年7~9月期決算の発表をきっかけに、テスラ株は上昇基調に入った。

22日の米株式市場でテスラ株は一時前日比8.6%高の594.50ドルとなり、上場来高値を更新した。時価総額は1050億ドルを超え、22日終値で約900億ユーロ(約997億ドル)だったVWを抜いた。

過去には生産計画の公約未達を繰り返したことで株価下落を見越した空売り筋の標的となったテスラだが、19年末には公約通り、着工から1年未満で上海新工場の量産を始めて株式市場の評価を高めた。量産メーカーとしての経営が安定してきたことから、アナリストからは投資判断や目標株価の引き上げが相次いでいる。

ウェドブッシュ証券は22日、目標株価を370ドルから550ドルに引き上げ、強気シナリオでは900ドルとした。テスラが29日に予定する決算発表で中国の好調な需要を背景に「強気の20年の販売計画を発表する」とみる。21日には米調査会社のニュー・ストリート・リサーチが目標株価を530ドルから800ドルに引き上げていた。

19年末に量産が始まった上海新工場の当初の年産能力は15万台。既存の米カリフォルニア州フリーモントの工場と合わせても年産能力は59万台にとどまる。

世界で年間1000万台超を販売するVWやトヨタに比べ規模ではなお大きく見劣りしており、株式市場の間ではテスラの中国事業の収益拡大への期待が株価に過剰に織り込まれているとの指摘もある。

テスラの株価

こちらがテスラの株価チャートです。2019年末から株価は2倍になり、現在の株価は572ドルです。正直ここまで伸びるとは思いませんでした。

テスラの事業内容

テスラ(Tesla, Inc.)は完全電気自動車とエネルギー貯蔵システムの設計・開発・製造・販売及び太陽光とエネルギー貯蔵製品の設置・運営・維持を行っています。

デザインが次世代のクルマですね。クルマに高級感を求める客層に人気が出るのも納得できます。なお、香港ではテスラ車専用の充電ステーションがありますし、テスラ車が公道をよく走っています。

https://www.tesla.com/ja_jp/cybertruck

このcybertruckと言う車種はまさしくそうです。テスラのHPを見ると完全自動運転機能を75万円追加でつける事が出来ます。

先行予約特典で将来自動運転機能がグレードアップしてもこの金額が保証されるそうです。日系自動車メーカーにはない取り組みが伺えます。値段がサイトを見ても明記されていないです。

これがRoadsterと言う車種です。デザインがカッコイイ。

時速は400キロも出ます!!電気自動車で400キロも出るなんて驚きです。車体を軽量化しているのでしょうか。事故った時怖いですね。なお、値段は先行者予約で2840万円です。普通にポルシェやランボルギーニが買える額です。

テスラの売上、営業利益

こちらがテスラの売上高、営業利益、純利益、PERを示しています。売上高は年々増加していますが、肝心の利益がずっとマイナス推移です。コンセンサス予想では2020年に初めて黒字化を見込んでいます。

テスラの業績

株価は順調に伸びているテスラですが、業績について調べて見ました。

  • 損益計算書

損益計算書から言えることは売上高に対して原価率が80%も占めていることが分かります。販管費、研究開発費を見ると、右肩上がりに増加しています。売上に対して高過ぎる原価率、伸び続ける、販管費、研究開発費のため、利益を圧迫していることが分かります。

営業利益がマイナスと言う事は事業を回すためには、借り入れをするか、手元にあるキャッシュを用いるか、投資家から出資されたお金を使う他にありません。量産体制が改善に向かい投資家から評価されているとはいえ、投資対象としてはどうかと思いますね。

  • 賃借対照表

賃借対照表を見てみました。売上債権は伸びているので、受注台数は増えていることが分かります。短期有利子負債が年々増加しています。総資産は297億ドルで総負債は248億ドルです。のうち80%以上を負債が占めています。

残りの20%が出資金です。生産設備増設、人員補強、研究開発費で赤字から脱却するのは当分先と見込まれます。資本の部を見ると、株式発行額が年々増加しており、増資する事で運転資金をまかなっていることも分かります。

  • キャッシュフロー

キャッシュフローを見てみました。営業C/Fは2018年12月にようやくプラスに転じています。気になる点が財務C/Fが毎年プラスになっていると言う点です。これは借入金や資金調達によるものです。

2015〜2017年は営業利益がマイナスにも関わらず、資金調達は18億ドル→37億ドル→44億ドルと増やしています。2018年は借り入れ金額が5億ドルと減少していますが、借入金に頼りきっていることが分かります。

まとめ

  • テスラはここ1年で株価は2倍
  • 業績を見ると、借入金で運転資金を賄っており、資産のうち80%以上が借入金とリスクがあるビジネスをしている。私なら投資はしない。
  • テスラの車にはワクワクさせられる。日本のありきたりな車とは違い、人気が出る理由は分かる。
  • 量産体制が整って台数が出るようになると、営業利益が出て、原価低減出来るか。
トップへ戻る