【財布】高い財布を使えば年収は上がるは本当なのか?

財布を開けたら1円しか入ってなかった、貧乏が悪いんや・・・

高い財布を使えば年収が上がるは本当なのでしょうか?私自身の経験、また奨学金を250万返済し、700万円の資産を形成出来た私が思う事を述べます。この記事を読む事でどんな財布を選べば良いか分かり、しっかり貯金をすることが出来ます。

高い財布を買えばお金は増えるのか?

財布の値段と年収に関係があるという説がある

黒板の前で自己紹介をする新任教師

財布の俗説としては「お札の向きをそろえるとお金を大事にするようになり、お金がたまる」とか「お財布の値段のX倍があなたの年収になるから高いお財布を買おう」といったものがあります。

これらはおまじないの一種だと思っていても、せっせとお札の向きをそろえたり、財布の値段を気にしている人がいます。私も昔はそうでした。これだけでは必ずしもお金はたまらず年収も上がりません。

高い財布を買えばお金が増えるのではない

お札の向きについて考えてみると、お金を大事にする意識が重要なのです。お札の向きをそろえることに意味があるのではありません。一度お金の向きをそろえてみてください。

あなたがもし向きをそろえてお金をためようと改心するような素直な人ならお金がたまるかもしれません。あなたが「面倒なだけじゃん」と思うなら、たぶん向きをそろえてもお金がたまらないでしょう。高いお財布にすればその財布に見合って年収が増えるというのはまさに迷信です。

「高い年収の人は財布を買う予算をたくさん出せるから、高い財布を持っている」からに過ぎないのです。高い財布でムダづかいがなくせるわけではありません。

財布はリーズナブルにすると節約できる

百貨店で5万円の財布を買った人は、財布に見合った消費をしなくてはと考えてしまいます。靴もいいものを、服もいいものをデートの食事も高いものをという感じです。

お金をかければかけるほど私たちは高品質なモノを手に入れられますが、当然お金はどんどん逃げていき、一向にたまりません。

逆の発想をすれば、安い財布にすれば、ムダづかいは減ると考えられます。安い財布を持っている人は、妙な背伸びをして身分不相応な出費をしようとは思わないはずです。

私の財布の選び方を披露すれば、財布は機能的かどうかで選んでいます。私は小銭入れがついていないタイプを選んでいます。小銭が出た場合は、小銭入れに入れるか貯金箱に入れています。

小銭入れがあると、財布が膨らみみっともないし、小銭入れでパンパンになった財布を使うと財布が痛むからです。私が使っている財布はCOACHの下写真の小銭入れがないタイプです。小銭入れは別途買っています。

資産形成を妨げるのは虚飾

資産形成を妨げるのは虚栄心です。虚栄心を持つことは財産形成の妨げになります。1億円以上の財産を気づいた本多清六氏も述べています。

【書評】私の財産告白から考える凡人でも資産形成を成功する方法

今、何万円もする財布を使っていてお金がたまらないと嘆いているあなたは、次の買い換えのときは安い財布にしてみてはどうでしょうか。

年収がアップしたときは、財布の買い換えではなく、天引き貯金や天引き投資にお金を使いましょう。背伸びするより、身の丈に合った生活をしたほうが楽です。私は資産700万ぽっちのサラリーマンですが、徹底した倹約で今年は1000万の大台に載せます。

まとめ

  • 財布に見栄を貼らない方が良い
  • 身の丈にあった生活をする方が楽

トップへ戻る