【悲報】東芝またもや不正会計、東証一部復帰に暗雲も

日本を代表するメーカーの東芝で再び不適切会計が発覚し、企業統治に疑念が生じています。18日、連結子会社が2019年4~9月期に売上高で約200億円を過大計上していたと発表しました。同社は15年の不正会計発覚後、内部統制の強化を進めてきましたが、またもや起きてしまいました。現在東証2部の東芝ですが、一部復帰なるか?また、東芝の株価はどうなるのでしょうか。

ニュース記事

東証1部復帰を目指しているが、今後の審査に悪影響を及ぼす可能性がある。子会社の東芝ITサービスで架空取引があった。3社以上の間で製品やサービスのやりとりが存在せず、帳簿や伝票上で資金のみを回す「循環取引」があったとみられる。

今後の主な焦点は、業績と東証1部復帰への影響の2つある。まず業績。東芝の19年4~9月期のデジタル部門は前年同期比で231億円増えたが、大半が東芝ITサービスによる過大計上分とみられ、修正を迫られそうだ。

一方で20年3月期の売上高予想は3兆4400億円あり、連結全体での業績影響は小さそうだ。営業利益予想に対しても、東芝側は「この案件は利益率が高くないため現時点で影響があるとはみていない」としている。

 

懸念されるのが東証1部復帰への影響。同社は17年に債務超過に陥り2部に降格。企業統治や財務改善を進め1部復帰を目指してきた。20年2月にも東京証券取引所が2部から1部への移行基準を緩和することもあり、復帰準備を進めていた。

1部復帰には企業統治の改善実績などを元にした厳密な審査をクリアする必要があるとみられるが、今回の不祥事は15年の不正会計発覚後も統治改善が十分ではない点を浮き彫りにした。

当時、東芝は再発防止策として会計処理の情報共有を強化する委員会の設置などの対策を実施。19年に取締役の8割を社外としたが、なお不正防止の仕組みを確立できていない。

東芝は早急に調査結果をまとめ、2月14日の19年4~12月期決算の発表までに売上高修正や詳細を明らかにする見通し。真に実行力のある再発防止策の提示も欠かせない。

東芝の株価

  • 株価チャート

株価に今のところ影響はなさそうですが、東芝株ホルダーの方は、20日の株式市場でどう値が動くかは注視しましょう。

そんなボコボコに叩かれた東芝ですが、指標から見ると悲観するほどではありません。自己資本に対する有利子夫妻は10%ほど。自己資本比率も33%です。

営業利益を順調に稼ぎ出せれば、復活出来る可能性もあります。経営トップをすげ替えて一から体制を見直すくらいしないといけませんが。PERは1.89倍なので株主からの期待もなく、ボコボコに売られた問題株であることも分かります。

  • 業績

こちらが業績推移です。粉飾決算が発覚した2016年には営業赤字になっています。その後、営業利益は戻りますが、売上高は減少する一方です。

  • キャッシュフロー計算表

こちらがキャッシュフロー計算表です。資金繰りも良い状況とは言えません。2016年には営業C/Fはマイナス、投資C/F、財務C/Fはプラスになっています。

これは経営危機で不動産や有価証券を売りに出したのでしょう。また、子会社売却による資金調達も当然あります。

まとめ

  • 今回の不正は東芝本体ではなく子会社によるもの
  • 1/20以降に株価下落なるか?
  • 東芝に投資するよりかは米国株に投資した方が良い
トップへ戻る