【合意】米中「第1段階合意」に署名 中国、米製品の輸入5割増

長らく続いた米中貿易戦争ですが、昨日、第一段階の合意に正式に署名が行われました。この合意を受け、生活必需品メーカーの株は値上がりを見せました。どんな銘柄が値上がりを見せたのか?また、第2段階の交渉の行方はどうなるのか?当記事で紹介します。

記事内容

米中両国は15日、貿易交渉を巡る「第1段階の合意」で正式に文書に署名した。合意内容は、中国が米製品の輸入を1.5倍に増やすことや、知的財産権の保護など7項目。米政権は2月に制裁関税の一部を下げる。ただ、中国は産業政策の抜本見直しを拒んだままで、米国も中国製品の7割弱に制裁関税を課したままだ。米中対立は「薄氷の休戦」にすぎない。

米中両国はトランプ大統領や中国の劉鶴(リュウ・ハァ)副首相が参加してホワイトハウスで署名式を開いた。トランプ氏は「公正な貿易を実現する歴史的な取引だ」などと成果を誇った。

米通商代表部(USTR)は約90ページの合意文書を公表し、中国による金融サービス市場の開放や人民元安誘導の自制――など7項目の詳細を開示した。両国が貿易拡大や市場開放などで合意文書にとりまとめるのは、18年7月に関税合戦が勃発して以降で初めてだ。

合意の柱は米中貿易の大幅拡大だ。中国は米国からモノとサービスの輸入を2年で2000億ドル増やす。今回明らかになった輸入拡大規模の内訳は、工業品が777億ドル、液化天然ガス(LNG)などエネルギーが524億ドル、農畜産品が320億ドル。米国のモノ・サービスの対中輸出額は1863億ドル(17年)で供給量は1.5倍となる。

合意文書には知的財産権の保護も盛り込み「中国は企業秘密や商標などで権利保護を強化する」とした。中国に進出する米企業は、同国側に求められる技術移転を嫌ってきたが、合意文書には「当局による外国企業への技術移転の強要を禁止する」とも明記した。

米国側は「第1段階の合意」を受けて、2月中旬をメドに、19年9月に発動した制裁関税第4弾(1200億ドル分)の関税率を15%から7.5%に引き下げる。発動済みの制裁関税を緩和するのは初めてで、過熱し続けた貿易戦争がようやく休戦に向かう。

この関税合意で値上がりを見せた生活必需品銘柄

下記の銘柄が関税合意によって値上がりしています。こちらの記事でも生活必需品銘柄を紹介しています。

 米国債利回り下落!おすすめの生活必需品セクターとは?

  • P&G

世界トップの一般消費財メーカーのP&Gです。イランとの戦争懸念で株が一時期売り込まれましたが、126ドルまで株価が上昇しています。

【株式投資】米国株で大人気のP&G株について調べてみた

  • KO

皆さんがお馴染みのコカコーラは新高値の56.88ドルをつけています。

 【株式投資】米国株で大人気のコカコーラ株について調べてみた

  • UL

クノールやLuxで有名な英国企業のユニリーバも57ドルまで株価が上昇しています。

  • PEP

PEPもKOやPGと同様の値動きをしており、140ドルまで上昇しています。

  • SBUX

SBUXの株価も91.5ドルと95ドルに迫る勢いです。

【投資家必見】スターバックスに投資するべきか?決算書を読んでみた

まとめ

トランプ大統領は大統領選挙当選に向け、貿易署名の第1段階の合意に署名しました。ただ、米政権は制裁関税第1~3弾でかけた輸入品に対しては25%の関税率を堅持し、中国も産業補助金の見直しなど構造改革は拒んだままです。

トランプ氏は「早期に第2段階の交渉を始める」と主張するが、同氏は「合意は11月の選挙後になるかもしれない」とも話す。関税合戦そのものの終結は依然として見えてきていません。株式市場としては大統領選挙に向けて着実にバブルに進みます。NYダウ30000突破も見えています。

トップへ戻る