【お肉】最近流行りのやっぱりステーキとは?いきなりステーキとの違いは?

いきなりステーキは業績不振が取りざたされていますが、いきなりステーキではなく、やっぱりステーキという店が人気が出ています。やっぱりステーキとは何なのか?株式上場しているのか?当ブログで紹介します。

記事内容

やっぱりステーキについて、記事内容を抜粋しました。

経営するのはディーズプランニング(本社/沖縄県那覇市、代表/義元大蔵)。同社代表の義元大蔵氏は1975年生まれ、那覇市内の高校を卒業後渡米、10年間滞在し、帰国後、飲食コンサルタントとして勤務したのち、独立して現在に至る。

20152月、沖縄・那覇市に1号店がオープンすると、その後続々と店舗を拡大し、現在45店舗となっている(201912月末)。出店場所の内訳は、沖縄県内が24店舗(うち直営10店舗)、本土が21店舗である(うち直営3店舗)

本土の直営店は福岡市、名古屋市、仙台市にある。いずれも九州、中部、東北の拠点となる地方都市に出店していることから、これから本土での多店化が計画されているようだ。

本土への出店は20179月、大分が皮切りとなった。201812月、沖縄に近い鹿児島に出店(天文館店)、「沖縄で人気のステーキチェーンが鹿児島にやってきた」ということで、オープン初日から200人近くの行列を作り、待ち時間は2時間以上という日が続いたという。そして、それ以降も出店するたびに、このような現象が見られるようになったそうだ。

これだけ人気を博している理由の一つは、「やっぱりステーキ」の特徴である、「赤身肉」がメインで、ずばり「1000円」(税込)というお手頃価格であることだ。しかも、昨年10月に消費税が上がってもこの価格は堅持している。同店のファンはこのような経営姿勢をリスペクトしていることだろう。

やっぱりステーキが、沖縄発赤身肉にこだわる理由は、沖縄にステーキ文化が存在しているからだと考えられる。

沖縄ではアメリカに統治されていた時代にアメリカ人のステーキ食が浸透。また、1991年に牛肉輸入自由化となる以前に関税率が優遇されていたことがステーキ文化を醸成させたようだ。

ちなみに、沖縄では酒を飲んだ後に「〆ラーメン」ではなく「〆ステーキ」となるとのこと。人口150万人弱で、本島だけでも22店舗存在しているということは、このような文化によるものなのだろう。

現在、「やっぱりステーキ」のフランチャイズ希望でオープン待機中のオーナーは、実に2桁も存在するという。筆者が「東京にはいつ出店するのか」と本部に尋ねたところ「2月中には」という回答を受けた。場所は明かしてもらえなかったが、おそらく春先には「やっぱり」旋風が東京にも上陸すると見られる。

少し話は逸れるが、20193月に松屋フーズが「ステーキ屋松」というステーキ店を三鷹にオープンした。同店人気の「松ステーキ」は、これもミスジを使用したもので、その柔らかさとメニュー構成に驚いたものである。

松屋フーズがこの店を開発した背景には、20186月沖縄県にとんかつ専門店の「松のや」で初進出し、ここで「やっぱりステーキ」のメニュー構成と繁盛ぶりに有望性を感じ取り、この業態での多店化を想定したのではないかと筆者は考えている。

株式上場はしているのか?

やっぱりステーキを運営する株式会社ディーズプランニングを調べて見ましたが、上場している情報はありませんでした。沖縄県からビジネスを開始して、名古屋、福岡に拡大しているとのことで、地方から都市に間口を広げていますね。

地方発祥の肉ビジネスは伸びる傾向があるので、今後の動向を要チェックです。

https://baseconnect.in/companies/57f1a2eb-1f60-414d-8253-3857fc920acb

いきなりステーキとの違い

いきなりステーキとの違いを大まかにまとめてみました。

  • ご飯・サラダ・スープ食べ放題が全メニューに付いていて、コスパ面に優れている
  • テーブル席で複数人にも対応
  • 税込1000円で食べることができる
  • 赤身肉に拘っている

お肉銘柄は株価急騰が期待できる

当ブログでも何度か紹介していますが、お肉銘柄というのは株価急騰が期待できます。テンバガーを叩き出した、いきなりステーキもそうですし、串カツ田中、ビヨンドミートも急騰しています。つまり、お肉銘柄は上場初期に乗っておけば、資産を爆速で増やせる可能性を秘めているのです。

【投資チャンス?】いきなり!ステーキが大量閉店へ。年末年始に26店舗、客に衝撃が走る

【お肉銘柄】次のテンバガーなるか!?餃子銘柄について紹介する

まとめ

やっぱりステーキについて紹介しました。お肉銘柄は急騰するものも多いので、上場したら要チェックです。名古屋にあるので、仕事終わりに食べに行きます。

トップへ戻る