【ポイ活】ポイント25%還元も!?マイナンバーカードは作るべきか?

烏龍茶 ペットボトル 効果 成分 ダイエット 値段 飲み続けた結果 脂肪肝 家で 吐き気 飲みすぎ 胃痛 肌  肝脂肪 黒烏龍茶 ダイエット 普通の烏龍茶 大豆  頭頂烏龍茶 美白 脂肪肝 肝臓の数値を下げる

今年の9月から、マイナンバーカードを利用してキャッシュレス決済を行う人に対して、25%のポイント還元を行う制度の実施が検討されています。少し気が早いようですが、どのような内容かみておきましょう。また、介護保険証、健康保険証との一本化も検討されているとのことで、そちらについても紹介します。

ポイント①:来年6月まではキャッシュレス還元、9月からマイナポイント

今年10月1日、消費税率が8%から10%に引き上げられました。これと同時に、消費税率引き上げによる消費の冷え込みを緩和することや、キャッシュレス決済の普及、中小企業への支援などの目的で「キャッシュレス・ポイント還元事業」がスタートしています。

中小企業を中心とする還元事業の対象店舗で、対象となるキャッシュレス決済を利用して支払いをすると2%か5%のポイントの還元が受けられる内容です。この事業は来年の6月までの予定で、これが終わると、7~8月には東京オリンピックがあり、消費の下支え効果が期待されています。

オリンピック後の9月からマイナンバーカードを活用して、キャッシュレス決済を行う人に対して25%の還元を行うことが検討されているのは、オリンピックが終了して「景気の崖」が心配されるという背景があるからです。

なお、日本の株価は8月で天井を打つと私は予想しています。米国のNYダウの一番天井は11月です。

ポイント②:事前チャージに上乗せ、自治体ポイントとは違う仕組みに

マイナンバーカードを使ったポイント制度というと、2年前の17年9月からスタートしている「自治体ポイント」が既にあります。航空会社のマイレージやクレジットカードのポイントを自治体ポイントに換え、地域の特産品などが購入できる電子商取引(EC)サイトでの利用や、自治体と提携をした店舗での購入代金などに利用することができます。

自治体ポイントを使うには?

自治体ポイントを使うにはインターネット上でマイキーIDを作成する必要がありますが、かなり複雑な手続きです。

マイキーIDを作成するには、パソコンとICカードリーダライタという装置が必要です。そしてパソコンで以下のURLにアクセスして、マイキーID作成・登録準備ソフトをダウンロードします。ICカードリーダライタは自身で準備する必要があります。

この自治体ポイントについては使い勝手が悪く自治体のうちの5%しか加入していません。私なら面倒なのでわざわざ使いませんね。

ポイント還元額の上限は5,000円分です。購入額でいうと、自分で支払う分20,000円に対して、25,000円分を購入できます。

なお、ICカードリーダライタは2000~3000円する代物です。マイナンバーカードの還元金額は最大で5000円なので、手間暇かけて2000円かと言う気はします。自治体にICカードリーダライタが置いているところもあるので、そこでICカードリーダライタを使うのが良いですね。

https://id.mykey.soumu.go.jp/mypage/MKCAS010/

マイナポイントの使い方

使い方は以下の手順になるそうです。suicaと一緒に利用出来れば、ポイントの両取りにも使えますね。

  • マイナポイント申込みページから、利用するICカードを選択すると、チャージするときに、ポイントも合わせて付与される。
  • 利用するQRコード決済アプリから、マイナポイントを申し込むと、買い物時に、利用金額に応じてポイントが付与される。

ポイント③:マイナンバーカード、介護保険の保険証を1本化へ

また、マイナンバーカードは保険証を一本化する動きも出ています。政府は2023年度からマイナンバーカードと介護保険の保険証を一本化します。

健康保険証の機能も先行して組み合わせる予定で行政と医療、介護の手続きが1枚のカードで済むようになります。マイナンバーカードの現在の普及率は15%程度にとどまっているので、保険証と一本化して普及を促進する狙いがあります。

結論

  • マイナンバーカードは作って置いた方が何かと使える
  • マイナポイントの還元率は25%と数字に目を奪われるが、実際には上限5000円なので美味しい制度ではない。
  • マイナポイントを使用するには専用のICカードリーダが必要。2000〜3000円するので市役所に設置しているのを利用するのが吉。無ければわざわざ還元制度を使わない方が良い。

トップへ戻る