【副業】ライオンの人事部が副業紹介をするとのこと

残業代の削減によってサラリーマンでも副業や投資に早く取り組み始めることが何より大事になっています。企業としても副業を容認する流れは加速するでしょう。そんな中、生活必需品メーカーのライオンが副業を紹介する制度を人事部が始めたとのことで詳細をお伝えします。

記事抜粋

ライオンは2020年春をめどに、人事部が社員に副業を紹介する制度を始める。人材紹介会社と提携し、幅広い仕事を取りそろえる。

副業は社員が自ら探すのが一般的だが、関心があっても自分で見つけるのが難しいケースが多い。紹介までするのは珍しい。所属する企業の枠を超えて事業を創造するオープンイノベーションを促すきっかけにもなる。

ライオンの株価

当ブログは株式投資のブログですので、ライオンの株価をチェックしてみました。下記は2年チャートです。現在の株価は2008円と日経平均株価の動きとは乖離していますね。

10年チャートで見ると、以下です。ここ数年株価が伸び悩んでいますね。リーマン後に投資をすれば5倍は狙えていますね。

ライオンとは?

ハミガキ・ハブラシ・ハンドソープの国内最大手企業です。トイレタリー用品、ヘアケア・スキンケア・メディカルケア製品、クッキング用品・住宅用品、産業用品の製造販売をしています。

有名なブランドも数多く保有しており、歯磨きのデンター、ハンドソープのキレイキレイ、解熱鎮痛剤のバファリンもライオン製です。

業績

2007年〜2019年までのライオンのキャッシュフロー実績を見てみました。

  • 営業利益率、株価の推移

コンセンサス予想とほぼほぼ同じ値を出しています。売上高は2017年まで右肩上がりを見せ、その後は300億を超えるあたりで推移しています。

売上高営業利益率は2019年12月では9%に達しています。

  • 各種指標

PERは29倍と私が投資する基準の30倍に近づいており、割高です。ROEは13%と収益性は悪くないですね。自己資本比率も50%あることから、良好な財務指標であることが伺えます。

  • キャッシュフロー実績

営業C/Fも年々増加しておりプラスです。投資C/F、財務C/Fはマイナスです。ライオンの資金繰りはかなり良いです。何故かと言うと、営業C/Fの範囲内で投資C/F、財務C/Fをやり繰りできているからです。

それを示す証拠は、2017年〜現金の保有額が年々右肩上がりに増えて行っている点です。フリーC/Fも赤字の期間は少なく、リーマンショック時もプラスで推移しています。このキャッシュフロー推移を見る限りだと、不況に耐える力は強いと言えます。

まとめ

企業が副業先を紹介してくれるとは、優良企業に他なりません。ライオンは株価はリーマンショック後、右肩上がりを続けています。なお、ライオンのような優良企業に勤めていらっしゃらない方でも大丈夫です。

Another worksという副業プラットホームがあります。登録も無料なので是非してみましょう。また、A8netから登録すると700円もらえます。

Another worksで複業を楽しもう!!

Another works

A8netはこちらから!!

【お得】リスク0!A8netを使った無料セルフバックサービスおすすめ6選

営業利益率もメーカーにしては高水準の9%です。キャッシュフローも営業C/Fを堅実に積み上げ、現金の保有率も年々高めています。株価の方は2000~2500円のレンジで推移しています。

生活必需品セクターの銘柄は暴落時に強い特徴がありますし、日本株で生活必需品を選ぶならライオンに投資するのもありですね。私の場合は同じ生活必需品の中なら米国株のP&G、コカコーラ、英国株ならユニリーバを持っていますが、株主優待やどうしても日本株が良いと言う方はライオンへ投資をするのも良いですね。

【株式投資】米国株で大人気のP&G株について調べてみた

【株式投資】米国株で大人気のコカコーラ株について調べてみた

トップへ戻る