【復活か?】CESで披露!ソニーの自動運転EVにアウディの社長も驚く

ソニーが初公開したEVコンセプトモデル、VISION-S。ソニーブースの一番奥、一段高い場所で公開されていた(CES 2020)

日本のメーカーを代表するソニーですが、リーマンショック時は大量リストラを繰り返していました。電機メーカーのソニーがなんとCESで自動運転EVを展示に出したとのことです。ソニーは車載事業にも手を広げ、EV生産にも乗り出すのでしょうか。ソニーの業績や株価も含めて詳細をお伝えします。

記事内容

ソニーは1月6日(現地時間)、「CES 2020」開催前に開いたプレスカンファレンスで、安心・安全な自動運転の実現を支えるイメージング・センシング技術をはじめ、革新的な車内エンタテインメントを具現化したEV試作モデル『VISION-S(ビジョン・エス)』を初公開した。

「VISION-S」は、ソニーが自動車などモビリティ分野での新たな取り組みを、わかりやすく捉えられるようにすることを目的としたコンセプトEVモデルだ。車両には、車内外の人や物体を検知・認識し、高度な運転支援を実現するために、ソニーの車載向けCMOSイメージセンサーやToFセンサーなど数種類のセンサーを合計33個配置。

その内訳はカメラ×13個、レーダー×17個、ソリッドステート型LiDAR×3個が含まれる。中でもソリッドステート型LiDARは、ソニーが新たに開発したもので、長距離かつ高精度な測距技術により立体空間を3Dで正確に把握することを可能としている。

また、CMOSイメージセンサーは、従来なら認識が難しかったシーンを正確に捉えられる能力を発揮する、高感度、高精細、広ダイナミックレンジ設計。合わせてLED特有のフリッカー現象の抑制も両立できているという。

インフォテイメントシステムにはブラックベリーのQNXを採用した模様で、AI技術や通信機能を搭載した他、クラウドなどを活用した、自動車機能の継続的なアップデートを可能とするOTAにも対応した。

EVとして完成させるにあたっては、ボッシュやマグナといった車載部品の大手サプライヤーが参画したが、車両デザインなど多くの部分でソニーがAV機器を通して積み上げてきたノウハウが活かされているという。

ソニーでは今後、この試作車を2020年中にも公道で走行実験する予定にしているが、市販する予定はないとことだ。つまり、この試作車はソニー自身が自動車メーカーにはなることを目指したものではなく、あくまでソニー自身が持つ自動車関連技術を内外にアピールするショーケースとして展開していくものとみられる。

ソニーの株価、業績

ソニーについて

ソニーは日本を代表するメーカーで、ウォークマン等の画期的な製品を世に出しています。一時期は経営不振がニュースになりましたが、株価はどうでしょうか。チェックしてみましょう。

  • 株価チャート

ソニーの株価は順調に増加し、現在の株価は7843円です。

  • 財務

2017~2019年で営業利益が上がり、メーカーとしては高水準の10%に達しています。

下記が連結の売上高、営業利益を示しています。営業利益率は10%程で推移しています。鉄道事業は儲かるビジネスと言えますね。また、売上高、営業利益共に右肩上がりで、2020年、2021年もコンセンサスでは増益見込みと期待できます。

こちらが営業利益率を示しています。2012年から営業利益率が大きく上昇し、10%近くになっています。収益性が高まった背景には、経営者の交代が大きく関わっています。収益性が高まる土台を作ったのは、2012年に社長になった平井氏です。

ソニーを収益性の高い会社にするべく、不採算事業の切り離しや、収益性の高い事業(ゲーム事業や音楽事業)への集中を進めました。その結果、2018年にこれまでの構造改革が花開き、収益性が格段に高くなりました。

  • 進捗状況

前期のコンセンサス予想が灰色のグラフです。コンセンサスを全期間上回っています。

2020年3月の会社予想はコンセンサスに対しては全て下回る見込みです。強気の予想を出していないだけに、予想を上回る収益を出せればサプライズで株価が上がる可能性もあります。

  • 各種指標

ROEは27.3%と高収益です。ソニーはメーカーであるが故に、設備投資費用、研究開発費がかかってしまいます。設備投資と研究開発費で8200億円も費用がかかっています。

財務を見てみましょう。自己資本比率は17.8%とギリギリ合格ラインです。自己資本のうち40%以上の有利子負債を抱えています。利益剰余金を自己資本のうちの80%貯めており、経営不振に陥ったとしても潰れる可能性は低いです。

PERは10.84倍とまだ割安と言える水準です。PERが割安度を測る水準で15倍を目安にして投資をすると良いとされています。

キャッシュフローですが、営業C/Fはプラス投資、財務C/Fはマイナス、現金はプラス推移です。2016年3月期では営業C/Fがマイナスでしたが2017~2019年ではプラスに転じ、額も増加しています。

キャッシュフロー計算書でチェックする項目は営業C/F=財務C/F+投資C/Fであるかどうかです。現金は毎年プラス推移なので、しっかり利益剰余金を貯めることができています。フリーC/Fは赤字推移なので、ここをプラスに出来るとより良いですね。

まとめ

ソニーがEVも販売するのかと思いきや、そこまでは手を出さず、ソニーが持つLidar、イメージセンサーの技術を内外に公表するためのものだそう。

ソニーは一時期経営不振で騒がれました。2012年から社長が交代し、構造改革の結果2017~2019年で営業利益が2桁推移を取り戻せています。ソニーが復活しつつある背景としては「集中」が挙げられます。不採算事業は切り、採算が取れる事業に投資を行いました。

事業の多角化を進めている会社よりも分野を集中させている企業の方が将来性もありますし、コストも少なくすみます。株を調べる際もそう行った企業を調べて投資していきます。

トップへ戻る