20代で知っておきたいお金と保険

皆さんおはようございます。ゆうたです。

20代でお金に不安を抱えている方は多いはずです。

特に「保険なんてよく分からん」と思っている方は多いはず。

私もそうでした。そんなあなたは本記事を読んでください。

本記事では生命保険、医療保険の必要性の有無について述べています。

生命保険は必要か否か?

よくよく「保険はお守りだから」と口にして高額の保険に入っている人がいます。

そうした人になぜ貯金ではダメなのか聞くと、明確な答えが返ってこない事が多いです。

保険は不測の事態に備える一つの手段に過ぎません。

その機能をよく理解して、代替手段も含めて検討する必要があります。

保険は、「不測の事態に対応出来るだけの貯金がない人が入るもの」だという事をまず理解しましょう。

また、「不測の事態になって困る人がいる人だけ保険に入るべき」

だという事です。

私たち20代で独身の人はご両親が自分の稼ぎをあてにしているなど、

扶養家族がいる場合を除いて、生命保険など必要ないと考えておきましょう。

20代の私も生命保険には入っていません。会社の医療保険には入っています。

また、住宅ローンに入っている人は「団体信用生命保険」がついてきます。

これは住宅ローンの借り手が亡くなった時に、ローンの返済が必要なくなる保険です。

家族にはローンを返済する必要ない不動産が残ります。

マイホームや投資用不動産を持っている方も生命保険に入る必要性は薄いです。

医療保険について

日本の一般的な生命保険には特約を設定しすぎだという事です。

日本の一般的な生命保険には終身保障、入院保障、3大成人病保障、ガン保障、

先進医療保険など様々な特約がついています。

こうした特約のオンパレードには、必要ない特約にも入ってしまうという問題点があります。

また、入院保障や特定の病気に対する保障も必要ないと考えて良いです。

何故なら、日本は公的な健康保険の制度が充実しているからです。

深刻な病気になって入院した時の事を不安に思い、民間の生命保険に特約を追加している人も

多いですが、

健康保険には高額医療費制度があり、実際の負担額は低いのです。

例えば100万円の医療費がかかったとしても、

皆さんがご存知の通り、通常の3割負担する健康保険制度により、

70万円は支払わなくて良いです。

さらに高額療養費制度により、追加での保障金が受けられるので、

支払額は約9万円で済みます。

100万円医療費がかかっても、10万以下の負担で済むのであれば、

毎月特約に高い費用を払うよりも貯金額を大きくする事を優先すれば

良いです。

生命保険を選ぶ時は特約が入っている商品でなく、稼ぎ手が亡くなった時の

死亡保障の機能のみのシンプルな商品を選んだ方がいいです。

保険は掛け捨て型の方が良い

生命保険については、掛け捨て型をオススメします。

それは積立型の生命保険が保障機能と資産形成機能が混ざった

複雑な商品で、割高であるかどうかの判断が難しいからです。

なお、掛け捨て型の死亡保障のみの商品でも保険料には大きな差があります。

コストの安いネット生命保険がオススメ

何故、ネット生命保険が安いかというと営業員のコストやテレビCMなど

広告コストが少ないからです。

まとめ

本記事では以下2点を紹介しました。

・生命保険の必要性の有無。

・ネット生命保険の方がコストが安いので検討するのが良い。

保険も何に自分が向いているか、

きっちり見極めて、 無駄なお金を

使う事のないようにしましょう。

それでは。ここまで記事を読んで頂きありがとうございました!

トップへ戻る