遠距離恋愛のコツ 社会人

皆さんおはようございます。ゆうたです。

今日は当ブログで、社会人で遠距離恋愛を2年間続けた経験があるので遠距離恋愛を続ける

ために気をつけた事を語ります。

遠距離恋愛を続けるために気をつけた事は?

ベンチに座るカップル Tシャツのブログ用無料画像素材|mns0008-009

お互いに依存しない

私の周りの話を聞いていると、お互いに依存してどちらかが寂しくなると、ケンカが多くなり結果的に別れてしまうケースが多いですね。

物理的距離=心の距離になってしまうケースも多いです。

仕事、勉強、趣味に取り組み、恋愛は二の次ぐらいの方が遠距離恋愛は乗り切る事が出来ますねー。

電話や手紙で感謝の気持ちを伝える

遠距離恋愛でなくても、電話や手紙でのコミュニケーションは大事です。

ラインでのやり取りよりも声や直筆を通じたコミュニケーションの方が温かみや相手の感情を感じる事が出来ます。

私は彼女と3ヶ月に1回くらい手紙を交換していました。

現代社会ではライン等のITツールの台頭でコミュニケーションを取るという点では、

だいぶ便利になってきています。

手紙を書く人は少数派だと思いますが、オススメです。やった事が無かったら一度やってみて下さい。

彼氏or彼女はきっと喜びますよー!!

手紙を書く際に自分の気持ちも整理出来るし、相手にも気持ちが伝わるんですよ。

記念日、誕生日は盛大に祝う

近距離のデートと比べて、遠距離恋愛+社会人になるとデート出来る機会は相当減ります。

記念日や誕生日は盛大に祝いましょう!!

遠距離恋愛してなくても記念日やお互いの誕生日は覚えておいてサプライズが出来るといいですね。

「ありがとう」を素直に言う

付き合いが長くなると「ありがとう」と言う事が減るかと思います。

僕の場合は何かしてもらった時は、彼女に対して「ありがとう」と常に言っていました。

付き合いが長くなってもお互いに感謝する事。これが大事やと思います。

我慢せずに思った事を言う

遠距離恋愛ではお互い顔を合わせる機会が減る分、お互いの気持ちが伝えきれてないという事が、多分にあります。

電話やラインで思った事をなるべく言うようにしましょう。一方が我慢すると、積もりに積もって怒りが爆発して別れてしまう事になります。

まとめ

気軽にデートが出来なくなる遠距離恋愛。

遠距離恋愛だからこその距離感や会えた時に密度の濃さは近距離恋愛では味わう事は出来ませんよ。

お互いに思いやって、感謝の気持ちや「好き」という感情を恥ずかしがらずに言う事が遠距離恋愛を続ける秘訣やなと思います。

それでは。遠距離恋愛してる皆さんが上手くいきますように。

トップへ戻る