資産運用術一覧

【朗報】ジムロジャーズ氏やジェレミーシーゲル氏の講義が受けられる投資の達人講座とは?

コロナショックでのボーナス減少や収入減少でお金について不安を覚えた方も多いのではないでしょうか。私の知り合いが勤務するFreeLifeConsulting社がサービスを提供している投資の達人講座が好評です。私も受講してみましたが内容が良いです。投資の初心者の方でも経験者の方でもおすすめ出来るので、当ブログで紹介します。

【朗報】国からの給付金は株式購入が最適解である理由

「令和2年(2020年)4月27日時点の住民基本台帳に記載されている人」。これに当てはまる人全員が一律10万円給付されます。私は給付金申請書を郵送で送付し、10万円給付を受け取りました。10万円を受けとったものの何に使えば良いか分からないと言う方も多いでしょう。そこで私が10万円給付の有効な使い方について紹介します。

【悲報】NYダウ1800ドルの暴落!個人投資家に絶好の買い増し局面がやってきた件について

11日の米国市場で米ダウ工業株30種平均の下げ幅は1861ドルに達し、12日の東京市場でも日経平均株価は一時600円を超える下げを記録しました。米国で新型コロナウイルスの感染者数が再び増え始めたことで、株価は暴落しました。暴落はチャンスであるので、私は株を購入するわけですが、どんな株が良いのか紹介します。

【転職】コロナを経て急浮上した「2つの転職トレンド」

総務省が発表した4月の完全失業率は前の月に比べ0.1ポイント下がり、2.6%となりました。就業者数は前年の同月に比べ80万人減です。4月の有効求人倍率も1.32倍で、4カ月連続で低下しました。新型コロナによる雇用環境の悪化が明らかになったわけです。さて、この流れを受けて転職活動の流れはどうなるのか?当記事で紹介します。

【必見】営業利益率はなんと50%!BUYMAで躍進するエニグモの凄さとは?

新型コロナウイルスで業績不振やボーナスカットを行う企業がほとんどですが、業績を伸ばしている企業もあります。コロナ禍でも決算が好調で今後業績の進展が期待出来るエニグモディングスについて調べてみました。この企業は投資価値があるのかどうか参考にしてください。

【必見】コロナ後も在宅勤務で消えゆくトレーディングフロア!トレーダーも在宅勤務へ

新型コロナウイルスの感染拡大で、証券会社のトレーダーの働き方が一変しています。3月以降、在宅勤務を余儀なくされ、今もなお多くが継続しています。 機関投資家のトレーディング業務は在宅でも可能なのでしょうか?また、コロナウイルスの拡大によって、その業務のあり方が大きく変わろうとしています。

【悲報】日産が6700億円の巨額赤字!このままで日産は大丈夫なのか?

日産自動車は5月28日、2019年度連結決算と事業構造改革計画を発表しました。決算は売上高が9兆8789億円営業損益が404億円の赤字、当期純損益が6712億円の赤字と、惨憺たる状況です。日産が最終赤字になるのはリーマンショック後の08年度以来11年ぶりです。果たして日産はこのままで大丈夫なのか?詳細を紹介します。

【悲報】アメリカのメモリアルデーは海にプールに、人集り!感染増懸念

新型コロナウイルスに伴う行動制限が全50州で一部解除された米国で、「自粛疲れ」の反動が顕著になっています。アメリカでは、「メモリアルデー」の3連休に各地のプールや海辺に人々が殺到しました。米国の新規感染者や死者数はピークの2~5割の水準に落ち着いているが、経済再開を機に感染者数が再拡大する懸念も強まっています。

【悲報】ジム・ロジャーズ氏「日本は20年後、必ず没落する」との事

世界三代投資家のジムロジャース氏が「日本は20年後必ず没落する」と著書で述べています。高齢化と人口減少で今後の日本は衰退するしかないのでしょうか。また、衰退していく日本において、いちサラリーマンが打てる対策とは何か?当記事で紹介します。

【在宅勤務】テレワーク導入に企業の9割が課題ありとの事。関連銘柄は?

新型コロナウイルスの感染拡大を契機にテレワークが注目を集めました。テレワークや在宅勤務を実施している従業員300人以上の「大企業」の担当者の9割超が運用面で課題を感じていることが明らかになりました。テレワーク関連銘柄で大暴騰した銘柄、及び超割安で放置されている銘柄を挙げて見ました。

トップへ戻る