株式投資一覧

【投資家必見】米国株の損益計算表、賃借対照表、キャッシュフロー計算表の見方

投資をしたいけど、何を基準に投資をしたら良いか分からないというあなた。米国株での銘柄選択においては、損益計算表、賃借対照表、キャッシュフロー計算表の見方を習得することが大事です。この記事を読むことで米国企業の損益計算書、賃借対照表、キャッシュフロー計算書の見方が分かるので、株式投資で利益を上げやすくなります。 

【投資家必見】投資案件を精査するには、IRRを計算しよう

某大企業による終身雇用制の否定、国による副業の後押し、10月からの消費増税、で税金は上がっています。金融庁の報告書でも報告があった通り、今後の日本は甘くないです。会社員でも株式投資をして資産運用をすることが大事になります。株式投資、不動産投資でリターンをいくら出せるかを比較するIRRについて当ブログで解説します。

【投資家必見】3大投資家であるウォーレンバフェット氏からの教訓とは?

投資をしたいけど、何を基準に投資をしたら良いか分からないというあなた。ウォーレンバフェットの教訓という書籍を読み、銘柄選択術を学んだので、参考までにお伝えします。この記事を読むことでウォーレンバフェットの考え方が分かるので、株式投資や資産形成に役立ちます。

【知らなきゃ大損】サラリーマンでも出来る節税策9選とは?

某大企業による終身雇用制の否定、国による副業の後押し、10月からの消費増税、社会保険料上昇、住民税の上昇で税金は上がっています。 そのため、働いてお金を稼ぎ堅実に手元にお金を残すことが大事になります。サラリーマンでも出来る節税策を紹介するので、資産形成を考えている人は是非概要を知っておきましょう。

【投資家必見】ウォーレンバフェットの銘柄選択術とは?

投資をしたいけど、何を基準に投資をしたら良いか分からないというあなた。ウォーレンバフェットの銘柄選択術という書籍を読み、銘柄選択術を学んだので、参考までにお伝えします。この記事を読むことでウォーレンバフェットがどのように銘柄選定をしているかが分かるので、株式投資で利益を上げやすくなります。 

【毎月恒例】8月度もアラサーサラリーマンが家計簿つけてみた

某大企業による終身雇用制の否定、10月からの消費増税で税金は上がっています。金融庁の2000万円の年金問題でもあったように、会社員でも老後のために資産形成をする必要があります。資産運用の基本は、日々節制して出来る限りのお金を株式投資に回すことです。自身の整理のためにも家計簿をつけたので当ブログでお伝えします。

【朗報】串カツ田中で1ヶ月定額で飲み放題のサブスクリプションサービスを開始

日本株に投資をしたいけど、どの株に投資をしたら分からないというあなた。1ヶ月飲み放題のサブスクリプションサービスを始めた串カツ田中の取り組みが面白いです。定額課金制サービスは企業が永続的に稼げる仕組みなので、なかなか株主視点で見ても面白いです。串カツ田中を事例にサブスクリプションサービスについて知っておきましょう。

【悲報】やっちまったぜ日産、営業利益99%減、12500人のリストラへ

日本株に投資をしたいけど、どの株に投資をしたら分からないというあなた。大手自動車メーカーの日産がまたやっちまいました。2019 1Qの決算で営業利益99%減、12500人のリストラです。高配当株狙いで日産を買って、含み損を抱えている方も多くいるかと思います。日産の件を教訓にして、買ってはいけない高配当株を学びましょう。

【朗報】イデコ加入が全会社員可能になり、資産形成の一助に

某大企業による終身雇用制の否定、国による副業の後押し、10月からの消費増税、更には日本円の価値がインフレで下がっている一方で、税金はどんどん上がっています。そのため、会社員でもお金の勉強をして資産運用をすることが大事になります。今回、イデコ加入が全会社員で可能になるニュースが出たのでその概要をお伝えします。

【資産形成】20代がお金の勉強を何よりも先にするべき理由

某大企業による終身雇用制の否定、国による副業の後押し、10月からの消費増税、更には日本円の価値がインフレで下がっている一方で、税金はどんどん上がっています。そのため、会社員でもお金の勉強をして資産運用をすることが大事になります。今回、私の経験から、20代の間に資産形成を勉強する重要性についてお伝えします。

トップへ戻る