11月もアラサーサラリーマンが家計簿つけてみた

某大企業による終身雇用制の否定、10月からの消費増税で税金は上がっています。金融庁の2000万円の年金問題でもあったように、会社員でも老後のために資産形成をする必要があります。日々節制して出来る限りのお金を株式投資に回すことが大事です。自身の整理のためにも家計簿をつけたので当ブログでお伝えします。

【株式投資】ABBVの第3四半期の決算内容+11/8株価急上昇の理由は?

某大企業による終身雇用制の否定、国による副業の後押し、10月からの消費増税、更には日本円の価値がインフレで下がっている一方で、税金はどんどん上がっていますよね。会社員でも株式投資をして資産運用をすることが大事になりますが、僕は特にアメリカ株に重点をおいて運用しています。米国株の中でも今回はABBV株について紹介します。

【朗報】IT人材、年収3000万円も?!

某大企業による終身雇用制の否定、国による副業の後押し、10月からの消費増税、更には日本円の価値がインフレで下がる一方で、税金は上がっています。日本でも徐々に成果主義の流れが浸透しつつあるというニュースをちらほら見かけるようになりました。若手エンジニアの私にとっては嬉しい事です。本記事は一部の関連記事について紹介します。

【お金】資産形成のコツは見栄を一切張らない事

某大企業による終身雇用制の否定、国による副業の後押し、10月からの消費増税、更には日本円の価値がインフレで下がっている一方で、税金は上がっています。 そのため、会社員でもお金の勉強をして資産運用をすることが大事になります。年間300万円の貯金に成功した私が資産形成のコツについてお伝えします。

「男がヒモになる」のは経済合理性から見てお得なのか?

某大企業による終身雇用制の否定、国による副業の後押し、10月からの消費増税、更には日本円の価値がインフレで下がっている一方で、税金は上がっています。私の知り合いが「お金持ちと結婚すれば仕事を引退出来る」と悟りでも開いたかのような事を言っていたので、実際にお金持ちと結婚する事は経済的に見てどうなのかを調べてみました。

【悲報】テレビでは言えないNISA恒久化見送りの真相を予想した

某大企業による終身雇用制の否定、10月からの消費増税で税金は上がっています。「貯金から投資」をスローガンに政府も掲げており、一定期間内に投資した額が非課税になる積立NISAやNISAの注目度が上がっています。金融庁がNISAの恒久化見送りを決定したとのことで原因を推測してみました。

【必見】5G導入に向けて絶好調!?米国株のキーサイトテクノロジーについて

某大企業による終身雇用制の否定、国による副業の後押し、10月からの消費増税、税金は上がっています。会社員でも株式投資をして資産運用をすることが大事になりますが、僕は特にアメリカ株に重点をおいて運用しています。米国株の中でも今回はキーサイトテクノロジー株について、現在の株価、配当金、配当が貰える月について紹介します。

【悲報】働き方改革浸透の結果、20代では仕事量増加、資産運用している方は10%

某大企業による終身雇用制の否定、国による副業の後押し、10月からの消費増税、更には日本円の価値がインフレで下がっている一方で、税金はどんどん上がっていますよね。働き方改革が始まってから約半年以上経ちますが、実際に仕事量はどうなったのでしょうか。また、残業代が減った分をどう補っているのか調べてみました。

【高配当株投資】配当性向が高過ぎる株式は敬遠した方が良い理由

某大企業による終身雇用制の否定、10月からの消費増税、更には日本円の価値がインフレで下がっている一方、税金は上がっています。私は日本株ではJ-REIT、アメリカ株ではコカコーラなどの連続高配当株に投資をしています。高配当株投資が投資家の間では人気ですが、配当性向が高過ぎる株式の問題点について考察してみました。

2019年10月以降〜2024年までの日経平均、NYダウの相場を大胆予想してみた

某大企業による終身雇用制の否定、国による副業の後押し、10月からの消費増税、更には日本円の価値がインフレで下がっている一方で、税金はどんどん上がっていますよね。私は特にアメリカ株に重点をおいて運用しています。株式投資をする上で相場観を読むことが大事になります。日本株、米国株の相場動向が今後どうなるかを予想しました。

トップへ戻る